建築探訪-台湾(台北・台中)の旅2。

2019年5月3日から6日まで、

台湾の台北、台中と旅に行きました。

旅の様子を数回に分けて紹介します。

 

前回は、

旅の1日目を紹介しました。

(前回の記事はコチラ→ 建築探訪-台湾(台北・台中)の旅1-「出国、桃園空港、火鍋のお店-馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋」

 

今回は宿泊したホテル、

「ホテル クォート台北」を紹介します。

 

「ホテル クォート台北」は、

建築デザイナーが手掛けたホテルです。

エントランスを入ると、

この空間。

待合スペースです。

 

細い木枠で縁取った白いソファ、

ドレープのラインが綺麗なカーテン

そして、

インパクトのある鹿の頭の掛物。

 

さすがデザイナーズホテル。

 

消火器2つが少し残念ですが。。。

受付カウンター。

照度を落とした、

ラグジュアリーな空間です。

 

受付カウンター越し、

奥に見えるのは併設されたレストランです。

エレベーターホール。

壁天井は木板貼。

床はタイル貼。

 

暗めなので、

電球色の照明が印象的。

引き立ちます。

エレベーターホールから廊下へ。

パープルのカーペットがいいですね。

 

左側の壁と天井がRを描いて繋がり、

色も少し暗めなので存在感が無くなり、

カーペット、

客室側壁、木板の印象が強まります。

 

見せるところ、

見せないところのメリハリが効いてます。

アクリルパネルの小口を光らせてます。

暗めな空間なので、より引き立ってます。

フォントもカッコイイ。

散らかってますが、

客室内部。

やはり暗め。

ベットの奥には、

デスク。

一般的には壁付けにするところですが、

ベットに向けられてます。

 

奥にテーブルには

エスプレッソマシン、ブルートゥーススピーカー、湯沸かしポット、

があり、

どれもオシャレな機器。

 

あとスナック菓子、水もありました。

水回り。

しっかりとデザインされています。

トイレ。

ウォシュレット完備。

私が泊まった部屋は浴槽が無く、

シャワー室のみ。

 

シャワー室はガラス張りです。

スケスケです。

カーテンがあるので、

使用中は閉めれば問題ありません。

 

カーテンレールはしっかり埋込まれてました。

入り口と水回りは、

床材と天井材が同じで一体的になっています。

カーテンを閉めれば狭いですが、

閉めなければ広く使えます。

 

部屋自体は狭いですが、

色々と工夫されていて、

参考になります。

 

次回は、

旅の2日目を紹介します。

 

次回の記事はコチラ→建築探訪-台湾(台北・台中)の旅3-「イタリアンレストラン333 RESTAURANT & BARで朝食、台北から台中へ」

 

その他の建築探訪はコチラ→建築探訪

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は奈良の建築設計事務所です。

新築、リフォーム、リノベーションの設計事例 →設計例

 

関西(奈良、大阪、京都、兵庫、和歌山、三重)の

新築、リフォーム、リノベーション、設計、耐震診断のご相談、ご依頼は→お問い合わせ 

 

トップページは→ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!