家づくりの記録99-杉板の鎧張り完成。

杉板鎧張り進行中です!!

DSCN0757

最後の難関。

棟梁曰く、この斜めの部分が大変だそうです。

 

足場の上では切ったり、削ったりと加工が出来ないので、

 

寸法を測り → 足場を下り → 寸法に合わせ部材を加工 → 足場を上がり → 取付け

 

という具合に足場の上がったり、降りたりしないといけません。

これが大変!!

でも、

DSCN0887

そんな棟梁の苦労のかいあって完成!!

杉板の重なりの陰影がなかなかいい感じです。

よく見ると杉板には節があり、塗装の色ムラもあります。

でも「そんな細かいことどうでもいい」と思えるおおらかな仕上です。

これなら多少汚れても、多少腐食しても、いい雰囲気を保てそうです。

DSCN0892

棟梁が苦労した斜めの部分も綺麗に納まってます。

端部も綺麗。

DSCN0899

左側に見えるのが棟梁を苦しめた足場です。

何往復したんでしょうか。

 

棟梁、ご苦労様でした!

 

NEXT→家づくりの記録100-軒裏、枠材の塗装。

PREV→家づくりの記録98-天井の下地工事。

OUTLINE→家づくりの記録目次

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!