アトリエDIY61-塗装のDIY。ビフォーアフター。

アトリエの木部の塗装を、

DIYで行いました。

使用した塗料は太田油脂株式会社の「匠の塗油 彩速 濡色」。

料理でも使われるえごま油を使った自然塗料で、

価格が安く、塗り易すい塗料です。

DIYにピッタリな塗料です。

 

さて塗装の役割の主なものは

・表面の保護。汚れ防止

・着色

この2点です。

 

今回は木の色をそのまま活かした状態で、汚れ防止をしたかったので透明(濡れ色)を選んでます。

透明(濡れ色)といえど、色は少し変わります。

塗装のDIYが終わったので、そのあたりの色の変化のビフォーアフターをまとめてみました。

 

では早速見ていきます。

上の写真が床のビフォー。

床材は杉の無垢材です。

これがアフター。

 

別角度のビフォー。

床、壁、天井に匠の塗油を塗ってます。

床は杉材、壁と天井はラワン合板。

そして、アフター。

どうでしょうか。

塗装をすると艶が出て濡れ色になります。

少し赤味が増したような感じです。

これは今回使用した匠の塗油以外の塗料でも大体同じで、

透明を塗ると少し濡れ色になります。

 

今回は濡色(透明)を塗りましたが、

参考として匠の塗油の他の色のサンプルをメーカーさんから頂いて杉材に塗ってみました。

右から

淡雪色、濡色、赤錆色、山吹色、栗色です。

色が少し薄い様に感じますが、浸透系の塗料なのでしっかり着色したい場合は2回塗りしたほうが良さそうです。

赤身がかかった濡色が苦手な方は、

一番右の淡雪色を塗れば白が乗り落ち着いた雰囲気になりそうです。

 

 

参考までに。

 

NEXT→アトリエDIY62-無印のカラーボックスで間仕切る。

PREV→アトリエDIY60-天井をDIYで塗装。

OUTLINE→アトリエDIY

その他のDIYはコチラ→造ってみる

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築設計事務所です。

お問い合わせ、設計、耐震診断のご依頼は→お問い合わせ 

トップページは→ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!