家づくりの記録102-フローリングの貼りかた。

フローリングの施工が始まりました。

 

フローリングはニッシンイクス社のものを使用してます。

パインの無垢材で170幅の、厚みは21mmです。

 

パイン材は

・節が多い

・柔らかいので傷がつきやすい

という欠点がありますが、安価なのでよく使用されます。

 

ただ欠点といっても考え方だと思います。

 

節が多く、傷付き易いということは、

言い換えると

表情が豊かで、使い込むと味わいが出るということです。

 

いいじゃないですか(笑)

DSCN0820

さて施工ですが、まず接着剤を塗ります。

無垢材は反るので強力な接着剤を使用します。

DSCN0821

そしてフローリングを敷き込みます。

DSCN0823

タッカーで固定。

DSCN0723

フローリングが21mmと厚いので長めの針です。

DSCN0617

タッカーが打ち込まれた跡。

こんな風にフローリングの実の部分に打ちます。

写真の真ん中の黒い部分がタッカーのあと。

 

打ち込まれているのがほとんど分からないですね~。

DSCN0828

タッカー留めのあとは、木で叩いてしっかりとはめ込みます。

 

この作業を繰り返し、フローリング貼られていきます。

 

NEXT→家づくりの記録103-フローリングの加工。

PREV→家づくりの記録101-ガス管の引き込み。

OUTLINE→家づくりの記録目次

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!