家づくりの記録100-軒裏、枠材の塗装。

軒裏や枠材の塗装です。

 

塗料はキシラデコールという塗料を使用します。

 

一般的に塗装は

・耐候性の確保

・色目を揃える

といった目的で使用します。

 

色目を揃えるというのは

枠材はピーラーという材質で、軒裏はラワン合板という材質で色目が違います。

 

又、軒裏のラワン合板は色目のバラつきが大きい材料です。

どれだけバラつきがあるかというと、

DSCN1027

これは床の養生に使ったラワン合板。

全部同じラワンです。

 

でもこれだけの色のバラつき。

 

なので色を着け、色目を揃えます。

DSCN9954

塗装前です。

枠材と軒裏、だいぶ色が違います。

DSCN0388

塗装後です。

色目が揃い、統一感がでました!

 

NEXT→家づくりの記録101-ガス管の引き込み。

PREV→家づくりの記録99-杉板の鎧張り完成。

OUTLINE→家づくりの記録目次

 

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!