家づくりの記録80-ピーラー、鴨居、敷居。

これはピーラーという木材です。

 

ピーラーは米松の一種で目の細かい柾目が特徴です。

耐久性、耐水性、防虫性もあるので外部の造作材としてよく使われます。

 

今回、木製の引込戸と玄関引き戸をこのピーラーで制作します。

建具の障子(可動部)は建具屋さんの制作ですが、枠は大工さんが製作します。

DSCN0756

部材の加工が始まりました。

溝が掘られてます。

DSCN0912

これは鴨居(かもい)という部材です。

 

鴨居とは建具枠の上枠のことで、この溝を建具がすべり、可動します。

ちなみに下枠は敷居(しきい)といいます。

DSCN0856

大きな部材が必要な時は2枚を継ぎます。

この方が1枚より反りにくいという利点があります。

DSCN0873

こんな風にしっかりと固定して接着剤が乾くのを待ちます。

 

続々と部材が出来てきました。

次回はこの部材を組み立てます!!

 

NEXT→家づくりの記録81-全開口建具。

PREV→家づくりの記録79-枠材の加工。

OUTLINE→家づくりの記録目次

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!