奈良香芝のリノベーション
PR

DIYでダイニングテーブルの再塗装。

mm-archi
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ダイニングテーブル天板の塗装を、
DIYで塗り替えました。

まず最初に、
我が家のダイニングテーブルの紹介。

宮崎椅子製作所 hozuki tableというラウンドテーブルです。

材質はナラで直径1150mmで4本足です。

この天板は蜜蠟ワックスで塗装されていたのですが、
撥水効果が無くなってきたので、
再塗装することにしました。

その様子を少し紹介します。

まずは既存の蜜蠟ワックスを剥がす為に、
ヤスリ掛けします。

同じ蜜蠟ワックスを塗るのであればこのヤスリ掛けは不要ですが、
今回塗料を変えるためヤスリ掛けします。

既存の塗膜が残っていると
ムラになる可能性があるので入念に。

ヤスリ掛けするとこんな感じに。

艶が無くなり、
ナラ材の地肌が見えてきました。

これでヤスリ掛け完了です。

そしていよいよ再塗装。

塗料はオスモのフロアーカラーナチュラルです。

created by Rinker
¥7,708 (2024/07/21 01:51:58時点 楽天市場調べ-詳細)

クリアに少量の白色が配合されており、
仕上がりが濡れ色になりにくいタイプの塗料です。

早速塗っていきます。

刷毛は使わず、
ウエスで塗りました。

ウエスで少量の塗料を取り、
薄く塗り延ばします。

オスモ フロアーカラーナチュラルは良く伸びるので、
少量を薄く伸ばしながら塗るのがコツです。

刷毛だと塗り過ぎてしまう気がするので、
私はウエスで塗りました。

塗り終えたら半日ほど乾燥させて、
完了です!!

綺麗に仕上がりました。

撥水性を高めたいので、
後日もう一度塗りました。

しばらく使ってみましたが、
二度塗りしたこともあり、
撥水性も良好です。

次の記事 杉無垢フローリングの傷、凹みと経年変化。
前の記事 オープン収納に目隠しカーテンを取り付ける。
カテゴリ 香芝のリノベーション

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は奈良県香芝市の建築設計事務所です。
奈良、大阪、京都を中心に、戸建て住宅や店舗、マンションの新築からリフォーム、リノベーションの設計・監理を行っています。
ご相談、ご依頼は下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました