建築探訪-ダナン(ベトナム)の旅4。

2019年2月8日から11日まで、

ベトナムのダナンに旅に行きました。

旅の様子を数回に分けて紹介します。

 

前回は、

旅の一日目、

ホイアンの散策の様子をお伝えしました。

(前回の記事はコチラ→建築探訪-ダナン(ベトナム)の旅3-「ホイアン散策(ランタンとベトナム料理のお店-モーニンググローリー)」

 

今回は、

旅の二日目を紹介します。

二日目はツアーを申し込み、

ホテルから70キロのところにある

ミーソン遺跡を巡りました。

 

ミーソン遺跡は、

6~13世紀ごろまで栄えたチャンパ王国遺跡で、

世界遺産に登録されています。

さて、到着。

こちらが入場ゲート。

これが地図。

ゲートが右下、ミーソン遺跡は左上です。

 

歩いて、

途中カートに乗り、

また歩いて、

遺跡まで結構な距離ありました。

ここが遺跡エリアの入り口のようです。

売店と、トイレ、休憩所がありました。

 

さて、

いよいよ遺跡です。

これがミーソン遺跡。

レンガ造りです。

 

周りの自然に凄い馴染んでます。

自然の一部というか、

大地の延長のような感じ。

風化したレンガの色合い。

朽ちたレンガが造る凸凹の陰影。

長い年月が作り出した重厚感。

 

さて、

ミーソン遺跡の特徴の一つが、

繋ぎ材を使わず積み上げられたレンガです。

 

通常のレンガは、

モルタルや土を接着剤として積み上げますが、

これが使われていないとのこと。

これは左側が繋ぎ材有りで、

右側は繋ぎ材無し。

ミーソン遺跡でも繋ぎ材がある箇所もありました。

石の表面を、

よく見ると文字が。

何語なんでしょうか。

昨日のホイアンに続き、

こちらも観光客が多めでした。

白人の方も多かったです。

ミーソン遺跡を堪能し、

休憩所に戻ると、

人だかり。

ショーが始まりました。

一日に何回行われていて、

タイミングが良ければ見れるそうです。

運が良かった。

 

さて、

このあとは昼食を食べ、

昼過ぎにホテルの戻りました。

 

次回はこの続きを紹介します。

 

次の記事はコチラ→

建築探訪-ダナン(ベトナム)の旅5-「ダナン散策(ダナンのカフェ―ダナン スーベニア&カフェ)」

 

その他の建築探訪はコチラ→建築探訪

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築設計事務所です。

お問い合わせ、設計、耐震診断のご依頼は→お問い合わせ 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!