アトリエDIY20-床④断熱材を詰める。

戸建住宅の2階の2部屋を、

DIYでアトリエ(事務所)に、

改修(リフォーム)する様子を記録しています。

 

(前回までの記事はコチラ→アトリエDIY

 

根太が敷き終わりました!!

床の構成900

次は上の図の②の工程。

根太の間に断熱材を敷き詰めます。

断熱材、1階の床は必須ですが2階に関して床暖房や遮音等が必要なければ不要です。

今回は2階の床ですが入れてみます。

使用する断熱材は旭ファイバーグラスのアクリアマットです。

 

いわゆるグラスウール。

ホームセンターで購入できます。

断熱材については次回詳しく紹介します。

DSC00283

このアクリアマットを根太の間に詰めていきます。

表と裏があるので間違いのないように。

表のフィルムは防湿シートになっており、湿気が床下に入らないようになっています。

DSC00284

アクリアマットは幅430ミリです。

アクリアマットを詰め込み易いように根太のピッチは455ミリにしています。

(一般的な根太のピッチは303ミリです)

DSC00286

固定は袋の耳の部分をタッカーでパチンと留めます。

タッカーは簡単に言うと大きなホッチキスです。

下のリンクのものを使用しています。

 

DSC00288

タッカーを打つ間隔は耳の部分に表示されてる矢印マークを目安にします。

 

NEXT→アトリエDIY21-床⑤断熱材について。

PREV→アトリエDIY19-床③根太を敷く。

OUTLINE→アトリエDIY

その他のDIYはコチラ→造ってみる

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築設計事務所です。

お問い合わせ、設計のご依頼は→お問い合わせ 

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!