姫路のリノベーション19-ビニルクロスの下地パテ処理。

築45年の平屋住宅を、

2世帯住宅にリノベーション、工事の進捗をお伝えします。

(今までの記事はコチラ→「姫路のリノベーション」

 

上の写真は子世帯のリビングです。

ビニルクロスの下地となる石膏ボード貼りが完了し、パテ処理の工程に移ります。

石膏ボードのつなぎ目やビスの頭の段差をパテで埋め平滑にします。

この作業をしっかりとしないと下地の段差を拾ってしまいクロスの表面が凸凹になります。

クロスを貼ってしまうと隠れてしまいますが、仕上りを左右する大事な工程です。

同じ子世帯のリビング。

キッチンにあたる場所からの写真。

キッチンからの眺めはこんな感じ。

正面に見える開口部には木製の建具を設置します。

こちらは親世帯の様子です。

色ムラがあった天井のラワン合板には塗装が施されて色味が整いました。

正面に見えるのはキッチン。

キッチンの腰壁は突板を貼る予定だったのですが、工務店さんのご厚意で無垢のタモ材を貼ってもらいました。

 

NEXT→

PREV→姫路のリノベーション18-内装下地が進んでます。

OUTLINE→姫路のリノベーション一覧

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築設計事務所です。

お問い合わせ、設計のご依頼は→お問い合わせ 

業務案内-新築

業務案内-リフォーム・リノベーション

業務案内-耐震診断

トップページは→ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!