姫路のリノベーション-屋根裏の調査。

計画中の、姫路のリフォーム。

前回紹介した床下の調査に続き屋根裏の調査。

(前回の記事はコチラ→「姫路のリノベーション-床下の調査。」

現在の屋根裏の状態です。

屋根裏へは押入の天井から入る事が出来ます。

それにしても見事な骨組み。

さすが約60坪の平屋。

丸太梁もしっかりとしたものが使われています。

調査をしていると気になる場所を発見!

この部分。

劣化していて瓦と防水材のアスファルトルーフィングが見えます。

瓦が見えるということは、水も侵入します。。。

要改善!!

 

やはり築45年。

劣化が進んでいます。

また梁はしっかりしたものが使われていましたが、接合部が弱いように見られました。

 

NEXT→瓦屋根あれこれ。

PREV→姫路のリノベーション-床下調査。

OUTLINE→姫路のリノベーション一覧

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築設計事務所です。

お問い合わせ、設計のご依頼は→お問い合わせ 

業務案内-新築

業務案内-リフォーム・リノベーション

業務案内-耐震診断

トップページは→ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!