アトリエDIY10-解体完了。構造の確認。

戸建住宅の2階の2部屋を、

DIYでアトリエ(事務所)に、

改修(リフォーム)する様子を記録しています。

 

(前回までの記事はコチラ→アトリエDIY

 

解体が終わりました!

解体が終わると今まで隠れていたものが見えてきます。

なのでしっかりと現在の建物の状況を確認します。

 

まずは構造材の確認。

構造材とは柱や梁といった建物の骨格となる部材です。

腐っていないか、破損は無いかを目視で確認します。

 

確認した結果3箇所、気になる所が。

1か所目は

DSC00685

上の写真。柱に切り欠きがあります。

柱は断面は1/3までは切り欠きが許されています。

寸法を測ると1/3まではなさそうですが、気になります。。。

 

そして2箇所目は

DSC09731

洋室から和室を見た写真。

よく見ると、Xの字状の木材が見えます。

CCF20160125_0000

和室と洋室の間、上の図面の赤印の場所です。

これは「筋交い」と呼ばれる部材で構造体になります。

構造体なのでこれを取ると建物の強度が落ちます。。。

真ん中にあるので間取りがかなり制約されます。

 

3箇所目の気になる箇所は

DSC09723

筋交いの取り付け部分。

筋交いは金物を使って取り付ける必要があります。

上の写真、赤で囲った左側は金物で取り付けていますが右側は金物がありません。

これも問題。

 

構造で気になったの以上の3箇所です。

次回は断熱材を確認します。

 

NEXT→アトリエDIY11-解体完了。断熱材の確認。

PREV→アトリエDIY09-解体の廃材を処理する。

OUTLINE→アトリエDIY

その他のDIYはコチラ→造ってみる

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築設計事務所です。

お問い合わせ、設計のご依頼は→お問い合わせ 

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!