家づくりの記録55-そとん壁。

外壁に使用予定のそとん壁です。

ちょうどいいタイミングで商品説明会があったので参加しました。

 

そとん壁とは火山活動の噴出物であるシラスを使用した外壁材です。

シラスは細かい粒子の中に無数の穴をもつ多孔質構造なので様々のメリットがあります。

調湿性、防水性、断熱性、防音性。

多孔質物質ということは凹凸がありその分粒子の表面積が大きくなります。

その表面積活かし水分をため込んだり、空気をため込んだりします。

DSCN9746

これはモルタル壁とそとん壁の比較。

モルタル壁は水が染み込みグレーになってますが、そとん壁は水が染み込んでません。

そとん壁には防水性があります。

ただ、決して水を通さないのではなく、シラスの無数の穴に水分をため込んでいます。

DSCN9744

そして水は通さないけど湿気は通します。

通気性と防水性。

普通に考えると両立はあり得ないように思いますが実現してます。

 

さて、この説明会では施工実演も行われました。

DSCN9829

これはそとん壁の最終仕上をしているところ。

道具を使い仕上げていきます。

職人さんの手作業。

DSCN9837

同じ材料でも仕上げかたにより表情が変わります。

上部の引っ掻いた仕上はアクセントとして使用すれば良さそう。

これだけあれば迷いますが、今回は真ん中のかき落とし仕上にします。

シンプルにシラスという材料そのものを見せます。

 

NEXT→家づくりの記録56-配管工事。

PREV→家づくりの記録54-基礎立上り。

OUTLINE→家づくりの記録目次

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!