倉敷市立美術館。

先日、日帰りで倉敷に行ってきました。

その時の模様を数回に分けて紹介します。

 

最初に紹介するのは、

「倉敷市立美術館」です。

 

この「倉敷市立美術館」は建築家の丹下健三さんにより、

設計され昭和35年に竣工した建物です。

 

当時は美術館ではなく倉敷市の庁舎でした。

その後に新しい倉敷市庁舎が完成し、

この建物は「倉敷市立美術館」に改修されました。

ピロティ。

この当時の建築的な特徴です。

このピロティを通り入館です。

入ってすぐのエントランス。

吹抜けの大空間です。

 

シンプルな空間構成ですが、

シンプルが故に迫力があります。

コンクリート打ち放しの壁には、

凹凸あり、

アクセント的に色が加えられています。

床は大判のタイルでしょうか。

テカリ具合がこの建築にマッチしてます。

奥にはカフェがありました。

 

紹介した「倉敷市立美術館」

ところどころに、

もともとの市庁舎としての名残があり面白かったです。

 

エントランスの吹抜け空間は、

シンプルながら気持ちいい空間でした。

 

その他の建築探訪はコチラ→建築探訪

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は奈良の建築設計事務所です。

新築、リフォーム、リノベーションの設計事例 →設計例

 

関西(奈良、大阪、京都、兵庫、和歌山、三重)の

新築、リフォーム、リノベーション、設計、耐震診断のご相談、ご依頼は→お問い合わせ 

 

トップページは→ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!