お勧めアイテム-無印のシンプルなカラーボックス。

写真は、

アトリエで使っているカラーボックスです。

 

今回はこのカラーボックスを紹介します。

このカラーボックスは、

無印良品のカラーボックス「パルプボードボックス」という商品。

 

ホームセンターに行けば必ず置いてあるカラーボックス。

カラーボックスなんてどれでも同じ、

と思われる方も多いかと思いますが、

この無印の「パルプボードボックス」は少し違います。

 

一番の違いはの質感。

ザラザラとしたマットな質感です。

 

多くのカラーボックスは、

樹脂材のツルっとした質感ですが、

この無印良品の「パルプボードボックス」はマット。

 

このマットの質感は、

表面材の紙の質感です。

 

そう「パルプボードボックス」の名前のとおり、

紙で出来ています。

色味は昔懐かしいわら半紙のような色合い。

紙で出来ていると言っても、

心材はしっかり入っているので、

強度も問題ありません。

 

無印良品は、

「パルプボードボックス」以外にも紙を使った商品が多数あり、

それらを組合せると、

自然と統一感が出ます。

 

例えば、

上の写真は、

無印良品のフラットファイルと段ボールファイルボックスです。

どちらも紙を使った商品です。

 

写真の通り「パルプボードボックス」との相性がよく、

統一感が出ますね。

またこんな物もあります。

 

「ダンボール引出・2段(パルプボードボックス用)」。

 

パルプボードボックス用の引き出しで、

少し変わっているのが、

「組立式」というところ。

パッケージはこんな感じで、

普通の段ボールっといった感じ。

 

でも組み立てると、

しっかり引き出しになります。

 

組立が、

少し難しいですが、

なかなか面白い代物です。

持ち手があり、

ちゃんと引き出せます。

ちなみに、

持ち手はこんな感じです。

 

これが、

ハサミやのりを使わず、

折り曲げるだけ組み立て出来るのには感動しました。

少し話がそれましたが、

このダンボール引出・2段(パルプボードボックス用)も

「パルプボードボックス」との相性抜群です。

 

上記で紹介した、

 

・紙の素朴な質感

・無印良品の他の紙製品との相性

 

といったところが気に入り、

アトリエのカラーボックスは、

無印良品の「パルプボードボックス」を使っています。

ちなみにアトリエでは、

こんな風に「パルプボードボックス」を並べ、

バックヤードとの事務スペースの間仕切りにしています。

出入り口は、

突っ張り棒でのれんを渡して目隠しにしています。

 

 

今回は、

無印良品の「パルプボードボックス」を紹介しました。

いかがだったでしょうか。

 

興味を持った方は、

無印良品の店頭でチェックしてみてください。

 

その他のお勧めアイテム→お勧めアイテム 

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は奈良の建築設計事務所です。

新築、リフォーム、リノベーションの設計事例 →設計例

関西(奈良、大阪、京都、兵庫、和歌山、三重)の

新築、リフォーム、リノベーション、設計、耐震診断のご相談、ご依頼は→お問い合わせ 

 

トップページは→ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!