姫路のリノベーション14-構造補強。

前回に引き続き、

姫路のリノベーションの進捗状況を紹介します。

(今までの記事はコチラ→「姫路のリノベーション」

 

床組みの工事が終わりました。

さぁ、構造の補強です!

新しい間取りに合わせ、柱を新設します。

新築だと工場でプレカット(機械加工による加工)を行い現場では組み上げるだけなんですが、

リノベーションなので現場に合わせ1本1本大工さんによる手刻みです。

技術がないと出来ない。

今回は寺社仏閣も手掛けている工務店にお願いしています。

柱を建てた後は柱頭、柱脚に金物を取りつけ補強します。

金物は柱にかかる軸力を計算し選定しています。

こちらは耐力壁。

今回は筋交いではなく、構造用合板の9ミリを貼り耐力壁としています。

この耐力壁をバランス良く配置し、耐震性の向上を図ります。

 

NEXT→姫路のリノベーション15-天井下地。

PREV→姫路のリノベーション13-床組み。

OUTLINE→姫路のリノベーション一覧

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築設計事務所です。

お問い合わせ、設計のご依頼は→お問い合わせ 

業務案内-新築

業務案内-リフォーム・リノベーション

業務案内-耐震診断

トップページは→ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!