ホソナガハウス。

定年を迎えた夫婦のための自然素材をふんだんに使用した「ほそく」、「ながい」住まい。

外壁は杉板の鎧張りとシラス(火山灰)の左官壁。時と共に風合いを増す素材を使用。

hutari_03-2
玄関ドアは木製の格子戸。

DSC02261-2
外壁の杉板鎧張り。熟練の大工が1人で張りあげた。

DSC03545-5
玄関。来客用のために収納は設けていない。住まい手は勝手口からの出入り。

hutari_04
玄関ホール。床はモルタル仕上。テーブルを置けば応接スペースとして可能。

DSC03550-4
廊下から玄関を見る。廊下の床はパインフローリング。

hutari_06
和室。天井はヨシベニア、壁は和紙張り。正面の赤い壁は施主による塗装。

hutari_05
1階寝室。床はパインフローリング。右に見えるのはタモ材の造り付けの机。

hutari_11
洗面室。床は足触りの良い竹フローリング。照明はシンプルにモーガルソケットを直付け。

hutari_09
ダイニングからリビングを見る。床はパインフローリング、天井は構造材のあらわし仕上。

DSC02814
リビング。正面には障子、ガラス戸、網戸の木製建具。

DSC02333
リビング。TV台はDIYしたもの。

hutari_10
ダイニングからキッチンを見る。天井は構造材のあらわし仕上。キッチンは既製品を腰壁で覆った。

hutari_13
2階サンルーム。用途は定めず自由に使えるスペース。壁、天井はラワン合板仕上。

hutari_14
2階個室。壁、天井はラワン合板仕上。収納は扉を設けず、カーテンで隠す。

hutari_17
夕景。細く、長い、奥行きのある平面。

hutari_18
夕景。中庭からリビングを見る。リビングの木製建具は壁内に引き込み全開口できる。

 

 

 

物件概要

所在地:奈良県香芝市

用途:専用住宅

構造:木造2階建て

敷地面積:226.00㎡(68.37坪)

建築面積:88.17㎡(26.67坪)

延床面積:110.94㎡(33.56坪)

設計監理:ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

施工:株式会社中野工務店

写真:多田ユウコ

そのほかの設計例は →「設計例」