家づくりの記録154-郵便ポストを造る1。

外壁に使った杉板が余ったので、

残った材料で郵便ポストをDIYします。

上の写真はイメージ図です。

 

まずはポストの大きさを決め、部材の寸法を決めます。

出来るだけコンパクトにしたい。

でも小さすぎると郵便が入らない。

結構悩みました。。。

DSCN3202

寸法が決まれば図面にします。

そしてホームセンターで材料調達、そのままカットしてもらいます。

1カット10~30円程度。

DSCN9665

下地の箱組用の木材と釘、金物。

木材は構造用合板です。

材料が揃いました。

いよいよ製作です!!

カットは終わっているので組み立てるだけです。

DSCN9712

木工ボンドを塗り、

DSCN9714

釘を打ちます。

DSCN9716

組み上がってきました!!

DSCN9733

続いては透湿防水シートを巻きます。

なくてもいいような気がしますが。。。

現場で余っていたので貼ります。

DSCN9734

グルッとシートで包み、下地となる箱組が出来ました!

このあと杉板を貼っていきます!

 

NEXT→家づくりの記録155-郵便ポストを造る2。

PREV→家づくりの記録153-床の養生剥がれる。

OUTLINE→家づくりの記録目次

 

そのほかにも造ってます。

OUTLINE→造ってみる

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!