家づくりの記録139-外構工事-設備配管。

外部の排水菅の工事です。

汚水(お風呂やトイレの排水)は

建物内

敷地に埋設された配管

道路下に埋設された下水管

 

そして雨水は

雨樋

敷地に埋設された配管

側溝に排水。

という経路で処理されます。

 

さて今回の工事は敷地の埋設管の工事です。

DSCN0616

重機で掘削します。

この重機は設備屋さんの重機。

振り返ると、、、

DSCN0620

もう1台。

こちらは外構工事の重機。

この日は重機2台!!

DSCN0642

掘削が終わると排水管を埋設します。

汚水、

雨水。

それぞれ専用の排水管を埋設します。

DSCN0654

埋設完了!!

写真は枡(ます)と言われるもの。

排水管と排水管をつなぐ役割をします。

大きいのが雨水枡。

小さいの汚水枡。

DSCN2367

これは最終の汚水桝。

汚水配管はこの枡に接続します。

そして道路下の下水管へ。

DSCN2371

雨水配管はこの管に接続し

側溝に放流されます。

地域によっては雨水と汚水をまとめて下水で処理するところもあります。

 

NEXT→家づくりの記録140-外構工事-玄関アプローチ。

PREV→家づくりの記録138-外構工事-掘削。

OUTLINE→家づくりの記録目次

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!