お勧めアイテム024-シンプルでコンパクトなラベルライター。

白く、角に丸みがある四角い箱。

何に見えますか??

一見すると何か分かりませんがこれはラベルライターです。

ラベルライターと言えばキングジム社の「テプラ」が有名ですが、

今回紹介するのはブラザー社の「ピータッチキューブ PT-P300BT」

ブラザー社と言えばプリンターが有名です。

私のアトリエでもブラザー社の複合機プリンターを使用させてもらってます。

 

さて、「ピータッチキューブ PT-P300BT」です。

外観です。

上から見たらこんな感じ。

緑のランプは電源ランプ。

余計な凸凹が無いスッキリデザイン。

そしてとってもコンパクト。

どれだけコンパクトかと言うと

上の写真、左が「ピータッチキューブ PT-P300BT」、右がこれまで愛用していたキングジム社の「テプラ」。

比べるとよく分かりますね。

「ピータッチキューブ PT-P300BT」はほんとにコンパクト。

本体サイズは幅115ミリ、高さ115ミリ、奥行き61ミリです。

こんなにコンパクトに出来た理由は写真を見れば一目瞭然。

キーボードが無いからです。

 

キーボードが無い。。。

では文字入力はどうするのかと言うと、スマホです。

スマホのアプリを使い、スマホで文字入力をします。

スマホと「ピータッチキューブ PT-P300BT」をBluetoothで接続し、専用アプリを使い文字入力します。

(上の写真はスマホでのアプリの画面)

 

スマホでの入力なので文字入力がめちゃくちゃ楽です。

メールを打つ感覚で文字入力出来ます。

アプリの操作画面はこんな感じです。

文字の大きさ、書体、フレームの有無、等を設定できます。

設定するとプレビューで確認出来きるのも便利。

電源は単四電池6本。

4本には出来なかったのか。。。

6本は少し多く感じますね。

エネループユーザーの方、エネループ使えました。

 

電池が嫌って方は別売りオプションでACアダプターも使えます。

が。。。

電池をお勧めします。

なぜかというと、ACアダプターだとコードの長さの範囲でしか使えません。

持ち出そうとしてもコードが邪魔になります。

電池だと好きな場所で使えます。

コードが無いってほんと便利ですよ。

出しっぱなしにしておいて、必要な時にサッと持ち出して使う。

コンパクトで軽いので持ち運びも楽です。

シンプルなデザインなので出しっぱなしでも問題無いです。

インテリアの邪魔をしません。

 

今までは「ピータッチキューブ PT-P300BT」の良い点を紹介してきました。

続いては残念ポイント。

ラベルを印刷するとこんな感じで出てきます。

左側に余白あります。

この部分をハサミでカットして貼り付けます。

ここが残念ポイント

・カットするのが少しめんどくさい

・カット部分が勿体無い。約2センチが無駄。

残念ポイントですがほんとに些細なこと。

使い出すと気になりません。

便利さが上回ります。

この「ピータッチキューブ PT-P300BT」お勧めです!

 

「ピータッチキューブ PT-P300BT」のまとめ。

良い点

・シンプルなデザイン。出しっぱなしでもインテリアの邪魔にならない。

・コンパクトサイズ。持ち運びが楽。電池で使用すれば使う場所を選ばない。

・文字入力をスマホで出来る。メール感覚で入力出来るので楽。

悪い点

・ラベル印刷後、余白部分をカットする必要がある。

・ラベルに余白があり、無駄な部分がある。

・電池が単四6本必要。

 

その他のお勧めアイテム→お勧めアイテム 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築設計事務所です。

お問い合わせ、設計のご依頼は→お問い合わせ 

トップページは→ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!