姫路のリフォーム-床下の調査。

姫路のリフォーム。

設計を進める前にの現在の建物の状態を確認します。

まずは床下の調査。

床下の劣化の状態とどの部分に基礎があるか、基礎の配置を確認します。

 

床下へは上の写真の様に、和室の畳をめくり、下地の板材をめくれば入れます。

床下はこんな感じです。

築45年なので当然布基礎。

束の足元が気になります。

束がコンクリートブロックの切れ端の上に立ってます。。。

不安定なのでこの辺はしっかり直したいところ。

こちらにはドラム缶。

ゴミが放置されているのかとよく見ると。。。

大引き(床組)を支えてます。

そしてこの上にはしっかり柱が乗っていました。

このドラム缶は建物の荷重を支える束の役割をしています。

ドラム缶、ゴミでは無いようです。

こちらは水回りの床下です。

他の部分とは違い土が湿っています。

配管からの漏れ、外部からの水進入が考えられます。

 

こんな風に床下の状態、基礎の配置を確認しました。

次回は屋根裏を調査します。

 

NEXT→姫路のリフォーム-屋根裏の調査。

PREV→新しい計画始まります。

 

ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築設計事務所です。

お問い合わせ、設計のご依頼は→お問い合わせ 

業務案内-新築

業務案内-リフォーム・リノベーション

業務案内-耐震診断

トップページは→ムラカミマサヒコ一級建築士事務所

 

▼住まいブログへのリンク

にほんブログ村 住まいブログへ 

 

▼FACEBOOKページも更新中です!!是非とも「いいね」をお願いします!!